ヘボコン(技術力の低い人限定ロボコン)のためにヘボ合宿を行いました

2014年 7月 04日

アイキャッチ-01

ぼくには技術力がない。そのうえ実現力もない。プレエントリーからずいぶんと時間が経ってしまったヘボコンだけど、これではエントリーに間に合わない。イカンイカンと技術力の低い3人が集まり合宿が実現しました。

※ 今回はVine動画を多く含むのでPCでの閲覧が快適です。

前回までのあらすじ

技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)にプレエントリーしました

合宿参加者はひとりぼっちのためのミニコミ誌『ボッチライフ』シリーズの表紙を描いてもらってる成瀬ノンノウさんワクチンくん。
合宿とは銘打ってみたものの日帰りなんだけどね。ヘボコンだからいいんである。志は低ければ低いほうが良いのだ。

東急ハンズへ買い出しに行く

まずは何はともあれ買い出しへ。向かったのはみんなだいすき東急ハンズ。

IMG 5947

ワクチンはミニ四駆のパーツを見てる。そんなに素早いロボットを作ろうとしているのか?

ミニ四駆の進化がすさまじかった

小学生の頃以来一切触っていなかったミニ四駆。それでも記憶は色あせないもので、ミニ四ボーイだったころの記憶がフツフツとよみがえってきた。

IMG 5022

こんなにスポーツカーみたいなミニ四駆が売っていた。モーターが両軸になっていて、シャーシの真ん中に配置されている。ギアが少ない分駆動効率が良いし、モーターを低重心にできるからすごいなあ。大発明だなあ。と、ひとりしずかに感心してしまった。

IMG 5021

昔なつかしアバンテもあった。ミニ四駆をよく知らない人にはわからないと思いますけども、アバンテとはニンテンドー作品におけるマリオみたいなものです。

IMG 5033

このアバンテはシャーシの裏側からモーター及び電池を交換できるようになっていた。フラットで空気抵抗がすこぶる小さそうだ。

IMG 5034
ぼくらの知ってるミニ四駆と違う!

そんなミニ四ボーイだった思い出も今は昔。その当時よりも技術力は低いに決まってる。十数年前の思い出はかなぐり捨てて、自分は自分の道を模索するのだ。

タミヤ模型のパーツを買いそろえる

にわかにコーフンしてしまった。ヘボコンの話であった。

素早いロボット(?)を作ろうとしているワクチンはアトミックチューンモーターを3個購入していた。何で3つも買うのかは後ほど判明する。

IMG 5949

ノンノウさんはイカついキャタピラとギアボックスを購入していた。経済力の差を感じるぞ。

IMG 5952

程度の低いマブチモーターを購入

ワクチンやノンノウさんはタミヤ製品を買いそろえていたが、ヘボコン業界におけるタミヤはまさにトップブランド。性能は良いが価格も高い。
程度の低いぼくは程度の低いマブチモーターや、安い100均グッズを買いそろえることにした。

IMG 4997
見本のモーターが1個むしり取られ盗まれていて哀愁を感じる

「程度が低いマブチモーター」と形容してしまったのをいきなり否定してしまうが、別にマブチモーターの性能が低いわけではない。しかしぼくみたいな元ミニ四ボーイは、なんとなくタミヤが格上な印象を持っている人が多いのではないか。
ヘボコンのコンセプトは「技術力の低いロボット限定」なのでマブチモーターは最適だと思う。

IMG 4999

今回はこちらのモーターを購入。タミヤモーターよりも安く買えて良い。マブチモーターのことを程度が低いとか言ってしまったが、水中モーターで遊んだ記憶は色あせないし、基本的に好きなメーカーです。

さらに安いから、という理由でファンを購入。80円。今回は風力で進むロボットを作ろうと思う。

IMG 4996

100均で運命の出会いを果たす

東急ハンズを出て100均に移動。ロボットのメイン部分となる良いおもちゃを見つけた。

IMG 5962

これ。
リカチャン人形。100円。

この人形を使ってロボットを作ろうと思う。

IMG 5965

いたずらかな?誰かにおっぱいを潰されていてかわいそう。

技術力が低いので製作に手こずる

かわいそうとか言っておきながらいきなり脱がせてしまうのだがいよいよロボット製作開始です。

IMG 5983

余談

ちなみにリカチャン人形(?)には、ちゃんと乳首が付いていた。100円なのに造形が細かい。

IMG 5985

今回はものづくり系シェアハウス・渋谷モクモクハブのリビングを開放し日帰り合宿を行った。到着早々、工具・資材よりもまずはスーパードライ6缶を並べているあたりがヘボ合宿ぽくて良いではないか。

IMG 5968

試作1号:ピンクローターでホバークラフト?

ぼくが揃えた材料はこれ。先ほど100均で買ったリカチャン人形のほか、マブチモーター、Amazonで購入しておいたピンクローターなどである。

IMG 5970

Amazonで買うと200円。ピンクローターというものを初めて買ったがリモコン部分がなかなか大きくビビる。

技術力がなく見苦しいためいろいろとすっ飛ばしてしまうが、完成した試作一号機がこちら。

IMG 6006

原理はほぼ、ホバークラフトと同じである。ロボット下部に取り付けられたピンクローターの激しい振動によりロボットが地上から浮く。さらに手に持ったファンの風力により推進力を得られる。こういう寸法である。

ホバークラフトとだいたい一緒。
033
via.AQM – ホバークラフトの秘密

このように、ピンクローターの振動だけでロボットが浮遊する。思惑どおりである。技術力が低いはずなのにこんなにウマくいってしまって良いのだろうか?ぼくはしずかにほくそえんだ。

ひとまず試作機のためガムテープで固定しているがまあ良いだろう。このあたりに技術力の低さがあらわれているなあ。

IMG 6007

手にはモーターを持たせてみた。このモーターの強力な風の力で、力強い推進力を得られるに違いない。

IMG 6010

電池は直列で2個搭載。技術力は低いが一応理系なのでこのほうが強力な推進力を得られることくらいはわかるぞ。

IMG 6011

ノンノウさん:イロハ1号機

そうこうしているうちにノンノウさんの試作機ができあがっていた。

タミヤのギアボックスにイロハを組み合わせただけだが立派に前身している。なんということだ。
ぼくは経済力の低さを身に染みて感じた。

はじめての練習試合

完成を祝して試作一号機 VS イロハ1号の練習試合が始まった。

うーむ。これは完全に押し負けているではないか。というか髪の毛がモーターに絡まってしまい、うまいこと推進力を得ることができなかった。

巻き込んだ髪の毛を無理矢理ほどこうとしてしまったため、100円のリカチャンは禿げてしまった。かわいそう。

IMG 6017

試作一号機は失敗に終わった。無念である。

改良を重ね迷走しはじめる

風力で推進力を得る方法が間違っていたのかもしれない。トライアンドエラーは人類の特権である。ぼくは少し考え方を変えてみることにした。

試作二号機

ノンノウさんのギアボックスを借りて試作二号機を作ってみた。

だめだ!失敗だ!最後はモーターがちぎれて試作二号機は活動限界を向かえてしまった。

試作三号機

試作三号機は一度ピンクローターを離れてみることにした。全裸ですが特に深い意味はありません。

IMG 6019

もちろん1ミリも動かず却下。前衛芸術っぽい。

ワクチン:防御型ロボット

ぼくが試行錯誤しているうちにワクチンは黙々とロボットを完成させていた。

IMG 5996

iPhone三脚を使いロボットを組み立てていた。どうやらiPhoneをロボット本体として搭載し、自分の動画を流すらしい。

アトミックチューンモーターを3個も搭載しているが、モーター直結のため力が出ないみたい。でも電池の数を増やすことで解決。力強く回り始めた。

こいつ相撲とる気ないだろ。

再確認

ヘボコンの競技内容は公式告知によるとロボット相撲らしい。

それでも激しく回転する様子は大変自信にあふれており、他のロボット力士を土俵外に押し出すほどの迫力がある。

ノンノウさん:キャタピラロボが完成

そんな中ノンノウさんはキャタピラロボットを完成させていた。

タミヤ模型のほこるキャタピラを使った作品である。
完成予想図はこちら。

Top
via.田宮模型

ただし随所で資材をケチっているためなんだかショボい。ダンボールとタミヤパーツを組み合わせると哀愁たっぷりだ。

IMG 6035

ノンノウさんも立派にヘボコンマシンになってきて良い感じ。

なんとか完成! 練習試合をしよう

色々試行錯誤してみたものの、ぼくは原点に戻ることにした。
つまり、ピンクローターで浮力を得て、ファンの風力で推進力を得る方式である。これしかない。

試作四号機「セックスアンドバイブス」

さきほどはガムテープで固定したピンクローターだが、今度は高度な技術力を発揮し針金で固定することにした。

IMG 6029

うん。技術力の高まりを感じる。
そして完成。試作四号機あらため、「セックスアンドバイブス」と呼ぶことにした。

IMG 6049
セックス・バイブス。セックス・ピストルズみたいでかっこいいではないか。

今回はマシン前方にモーターを搭載した。これで髪の毛巻き込み問題は解決である。

IMG 6050

電池は2本搭載とした。

IMG 6051

バンザイカミカゼスタイルは伝家の宝刀だ。髪の毛がもじゃもじゃなのは練習試合を重ねたあかしと言えよう。

IMG 6052

うーん。動かないぞ?(不安)

不安なまま練習試合開始

無事3人のロボットが完成。3機入り乱れて親善試合が行われた。

セックスアンドバイブスのおいてけぼり感がすごい。

そして完全に押し負けている…………

まとめ

不安。めちゃくちゃ不安。風力が足りない。こんなんでヘボコンの正式エントリーまで漕ぎ着けられるのかは不明だが、がんばって完成させたいと思う。

つづく……と思う。

関連エントリ


2014年 7月 04日 by ニタサカアツシ
Categories: インターネット Tags:

 

 

https://twitter.com/ruushu